スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは日本の芸術の危機なのです。

今日、某M先輩からメールがきました。
先日本番を一緒の終え、打ち上げでお互い暴れまくったばかりなのでその話かな、と思ったのですが
文面はとても神妙なものでした。

「署名をお願いします!」



突然ですが、皆さんにお願いがあります。

すでに4月8日付日経新聞社会面をご覧になった方もおられるかもしれませんが、
大阪府知事直轄の改革プロジェクトチームの素案において、
府が大阪センチュリー交響楽団への補助金を廃止する意向であることが報じられました。

定期演奏会や特別演奏会以外にも、府民の皆さん・聴衆の皆さんに何か貢献できないかと
事務局楽員一同考えて、いろいろな形での演奏会を行ってまいりましたが、
そのような事業も含めてオーケストラというものにとって、公的支援をいただくことは、
無くてはならない…と言わざるを得ません。素案通りに補助金が廃止されてしまうと、
事実上運営を続けていくことはできなくなってしまいます。

「『府民のオーケストラ』の火を消してはいけない」と、関西ゆかりの方々が
「大阪センチュリー交響楽団を応援する会」を立ち上げて署名活動を始めて下さいました。

そこで皆さんのお力をお借りしたいのです。




これを読んで・・・・
日本はどうしてこんなにも芸術のもっている力を認めようとしないのかなぁ・・・と。
芸術家がいなかったら、世の中戦争ばかりなのに。
これで打ち切られるようなことがあったら、日本中のオーケストラ、いや
日本のクラシック界が受ける衝撃は計り知れないなぁ・・・と(((( ;゚д゚)))アワワワワ

この楽団の打楽器の方は面識こそありませんが私の遠い先輩にあたる方。
力及ばずながら署名に参加させていただきました。
ご賛同いただけるかた、ぜひお願いします。
これは日本の危機です。・゚・(ノд`)・゚・。

署名について詳しくは↓

大阪センチュリー交響楽団ブログ
http://coo1989.exblog.jp/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おーえについて

おーえ

Author:おーえ
12月12日生まれ
(福沢諭吉と一緒)
実家は茨の城(水の都)
高校まで茨の城で過ごし、地獄の吹奏楽部活経験後、なにを血迷ったか武蔵野音楽大学(打楽器科)に入学。

卒業後、東京ミュージックメディアアーツ尚美(名前で時代がわかる)
ディプロマコース入学→修了→終了

オーケストラ・吹奏楽のエキストラ演奏をはじめととするクラシック演奏やら、カホンやハンドパーカッションなどのライブサポートやら、中高生の吹奏楽指導やら、パフォーマンス演奏やら、子供向け太鼓のおねーさんやら、多方面にいろいろ手をだしながらも、日々音楽に関われる喜びをかみしめている元気だけがとりえのオタク女子。映画大好き。
最近ゆるく三味線はじめました。

最近はつぶやいてばかり。
友達いないんでフォローしてね。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

以下所属団体

■教育系クラブミュージック打楽器バンド
「sideshow」

■パフォーマンスバンド
「THE REDCATS」

■打楽器アンサンブル
「埼玉打楽器合奏団 ザ・サークル’90」
「ensemble bloom」
「KOO」 

■打楽器専門研究所
「M'sPercussionLab」講師

各団体のHPはリンクから。
おーえへのメッセージや演奏依頼、人生相談、恋愛相談、問い合わせなどは下のフォームからどうぞ~。

趣味の一部→こちら

ここからメールどぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

DTM+打楽器Band  sideshow
sideshowに御用の方はフォームからご連絡くださいませ。
    sideshowニューアルバム! れとろぽりたん
    れとろぽりたん
    (2011/12/11発売)
    sideshow
    amazon商品詳細はこちら!
    ↑打楽器イベント「音色博覧会」Live① 2011/4/03 真昼の月 夜の太陽

    ↑打楽器イベント「音色博覧会」Live② 2011/4/03 真昼の月 夜の太陽

    ↑『Spelunkler!』arr:おーえ スペランカーより

    ↑『Blood carnival』arr:おーえ 悪魔城ドラキュラより

最近の記事
最近のコメント(確認後公開)
カテゴリー
■Link■
リンクフリー。 相互リンクご希望の方は一言よろ~♪
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。